生命保険見直しのタイミング

生命保険の見直しをするタイミングはライフプランに変更があった時が良いでしょう。
具体的にいうと、就職したとき、結婚したとき、子供が生まれたとき、家を建てるとき、子育てが終了したとき、などといったタイミングです。

家族や収入、家族を取り巻く状況が変化すると必要な保障額や保険に使える金額(保険料)、そしてご本人の思いも変化します。それに合わせて契約する(している)生命保険も見直すべきなのです。その時、大切なことは自分の頭で考えて納得して見直しをするということ。

決して、生命保険の営業担当の言いなりにはならないでください。よく分からないが○○さんのいうことだから大丈夫だろう、○○生命の商品だから大丈夫だろう。そんな話をよく聞きます。その大丈夫は大丈夫ではありません。

同じ保険会社でも積立タイプ、掛け捨てタイプ、円建、ドル建て、医療保険、がん保険、いろいろな商品があります。ご契約の商品が自分に合っているかどうか そこが最重要事項です。また、保険契約はその担当者と交わすのではありません。すべて保険会社との契約です。担当者は保険会社との契約の媒介をしているだけです。ご自身の考えで納得のうえで見直しはされるべきです。

私たちはお客様がご自身で判断をし、納得のうえ生命保険の見直しをされるお手伝いを全力でいたします。

1.就職したとき

一般的には高額な死亡保障は必要ありません。将来を見据え、必要な医療保障と死亡保障を終身保険で準備して欲しいと思います。長期の貯蓄の意味合いで終身保険を多めにする考え方も有りです。ただし、今後 結婚し家族が増えたりすると支出も増加します。その時、保険料の支払いが辛くなり、解約するようなことのないように無理のない計画が必要です。

生命保険の見直し(就職したとき)

2.結婚したとき

生命保険の見直し(結婚したとき)

お互いの持っている生命保険を確認しあうことが大切です。保障の考え方は独身時代と大きくは変わりません。死亡保障の受取人の確認をされると良いでしょう。受取人の変更はいつでもできます。

3.子供が生まれたとき

子供が生まれると特に死亡保障での見直しが必要になります。子供の教育費と家族の生活費が上乗せになるからです。ご夫婦のどちらかに万一のことが起こった場合、経済的に困ることが無いように備えることが基本です。ご加入の社会保険により、遺族年金や障害年金の給付額が変わってきますので、その不足分を生命保険でカバーしましょう。

生命保険の見直し(子供が生まれたとき)

4.家を建てるとき

家を建てるとき

住宅ローンを利用する場合、ローンを組む際 団体信用生命などの生命保険への加入が義務付けられている場合があります。その場合、既にご加入の保険で万が一の場合の住宅費(家賃やローン)までカバーしていることがありますので、その分保障下げても困らない時があります。生命保険を見直して合理的に保障が重複しないようにチェックしましょう。

5.子育てが終了したとき

子供が一人前になると、その子の教育費や結婚資金、生活費などを死亡保障で考える必要がなくなります。よって、独身時代に近い形の保障で困らなくなります。ご自身の健康や介護、老後のための蓄えなどが気になる時期です。若い時に加入した医療保険やがん保険の保障内容が今の医療体制とズレてしまっており、いざ病気になったときに役に立たなかったということにならないように確認してください。
また、相続対策の手段として生命保険をうまく利用することができます。そういった観点からの見直しも必要です。

生命保険の見直し(子育てが終了したとき)