がん保険について

がん保険|オクトコーポレーション

がん保険

「3人に1人はがんで亡くなり、2人に1人がガンになっています。あなたは降水確率50%だったら傘を持って外出しますか?もし、傘を持っていかれるのでしたらがん保険を検討された方が良いですよ。」
がん保険を紹介する際の生命保険募集人のトークの一つです。
一生涯でがんになる確率とその日一日で雨が降る確率を同列で並べるこのトークはあまり鋭いとは思いませんが、ガン保険は医療保険の次に検討してよい商品だと思います。その理由は以下のとおりです。

  1. がん治療には高額な費用がかかる場合がある
  2.  がん治療は長期になる場合が多い
  3.  がんになると収入が減少することがある
  4.  がん治療は命に関わる場合もあるので絶対に後悔したくない 特に治療費が高いことが理由で治療をあきらめることはしたくない

各保険会社で毎年のように新しいがん保険が発売されています。

私はもうがん保険に入っているから大丈夫と思っている方も多いと思います。ただ、一度は契約内容やどんな保障内容を確認された方が良いでしょう。なぜなら、昔のがん保険の保障内容と現在のがんの治療方法にミスマッチが起こっているからです。現在のがん保険の治療状況は一般的に以前に比べて以下のように変化しています。

  1. 株式会社オクトコーポレーションの女性スタッフ 通院で治療する場合が増えている
  2.  早期であれば治る場合が増えている
  3. 治療は長期化する傾向にある
  4. 新しいがんの早期発見及び治療法がどんどん開発されている
  5.  がんになると収入が減少する場合が多い
  6. がん医療や支援には医療格差がある

そこで、新しいがん保険には古いがん保険にない以下のような保障があるものが増えています。

株式会社オクトコーポレーションの男性スタッフ

  1. がんと診断されたらあるいは治療をしたら一時金を受け取ることができる
  2. 入院しなくても通院保障がある
  3. 複数回 一時金を受け取ることができる
  4. 一度がんになると保険料の払い込みが免除される
  5. 保険期間が一生涯変わらない
  6. 一時金や通院給付金が無制限で受け取れる(一定期間ごと)
  7. 付帯サービスでセカンドオピニオンや専門医の紹介をしてもらえる。

今後 医療技術がすすみ、今より簡単に安価でがんを発見できるようになるとがん保険そのものが販売停止になってしまうかもしれません。そんなことから将来のがん保険はお宝保険になると主張するFPもいます。
一番残念なのは、昔がん保険に加入したので大丈夫と思っていたのに、実際にがんになってしまい治療をしたところ頼りにしていたがん保険が役にたたなかったということです。また、がん保険は気になっていたけれどまあ大丈夫と思っていたところ、早期のがんが見つかり高額な治療費が必要になってしまったというようなことです。

是非 一度ご自身のがん保険を考えてみてください。

関連記事

  1. 生命保険を考えることは人生を考えること

  2. 医療保険って必要?

  3. 家を建てるとき

    生命保険を考える際には優先順位が重要!

  4. 無保険車 |オクトコーポレーション

    高齢者の交通事故

  5. 水害補償を考える

  6. がん保険|オクトコーポレーション

    QOLとがん保険

  1. 2020.11.19

    秋の観光シーズンにいいお天気つづき☀

  2. 2020.11.10

    月刊「フリモ」に掲載!!住宅資金相談会開催中!

  3. 2020.11.07

    最低限身に付けるべき 金融リテラシー

  4. 2020.11.02

    かかあ天下とからっ風

  5. 2020.10.26

    山に登ってみませんか?

  1. セミナー活動

    2019.09.11

    お客様の声のご紹介02

  2. セミナー活動

    2019.06.05

    お客様の声のご紹介01

新・海外旅行保険off!

海外旅行保険

お金の小学校

初心者でもマスターできる全3回の通学制マネーセミナー(オクトコーポレーション開催)