住宅ローンの仕組み(その1)

今年に入ってから、大手銀行が相次いで長期固定の住宅ローン金利を上げる改定をしたため、住宅ローンの組み方や見直しについての記事が目立つようになりました。改定されたのは、全期間固定金利や固定金利期間選択型の10年固定という長期固定金利のものが対象ですが、変動金利型を含め、これからの金利動向が気になるところです。そこで今回は、代表的な3つの金利タイプ別に金利がどう決まっているか解説します。

 

①全期間固定金利型タイプ

借りた時点で返済終了までの金利が決まるタイプ。長期金利(10年国債の利回り)をベースに金利が決まります。融資を受ける時点の景気や金融市場の動向に敏感に反応します。

 

②固定金利期間選択型タイプ

一定期間に固定金利が適用され、その後に再びその時点での金利で金利タイプを選ぶタイプ。長期金利や長期プライムレートを参考に金融機関が決めます。

 

③変動金利型タイプ

一般的に年2回、金利の見直しを行うタイプ。短期プライムレートをベースに決まります。日本銀行の金融政策に影響を受けて変動します。景気浮揚や物価の安定のために長期間・大規模な金融緩和政策を採ってきたため「変動」や「短期」という言葉とは裏腹に、基準金利は2009年12月から変動していません。

 

金利の上昇局面イメージは、景気の回復・固定金利型が上昇を始める。⇒物価の上昇・固定金利期間選択型の長期の物から上昇を始める。⇒物価上昇の過熱・変動金利が上昇始める。概ねこの順番で変動しますので、変動金利型を利用されている方が、金利が上がるので固定金利に借り替えたいと思った時には、固定金利が先行して上昇しているので、借り換えの判断がとても難しくなります。次回は、3つの金利タイプの選び方について解説します。(い)

関連記事

  1. 住まいのライフプラン

  2. そろそろ生命保険料控除証明書が届きます。

  3. 資産運用

    2,000万円問題について

  4. 10月4日は「証券投資の日」です。

  5. ライフプランの作成、相談

    住宅ローン減税の適用要件が弾力化されます。

  6. ポイ活の拡充

  1. 資産運用

    2022.09.29

    またまた値上げの秋

  2. 2022.09.24

    濃厚接触者の生活

  3. 2022.09.17

    新型コロナ感染症「みなし入院」入院給付金 支払対象見直し…

  4. 2022.09.09

    『かくれ脱水』は危険

  5. 2022.09.01

    サル痘

  1. セミナー活動

    2019.09.11

    お客様の声のご紹介02

  2. セミナー活動

    2019.06.05

    お客様の声のご紹介01

新・海外旅行保険off!

海外旅行保険

お金の小学校

初心者でもマスターできる全3回の通学制マネーセミナー(オクトコーポレーション開催)