人生100年時代「社会保障・年金・医療・介護セミナー」

市川量一先生のセミナーに参加してきました。社会保障を再認識することができセミナーの進め方も参考になりました。生命保険を考える際は社会保険で賄うことができない不足分を準備する、という大前提があります。

2025年には団塊の世代(第一次ベビーブーム)が全員75歳以上となり医療や介護にかかる費用が増大します。そのため現役世代の費用負担が増加します。もっと深刻なのは2040年問題👆団塊ジュニア(第二次ベビーブーム)が全員65歳となり年金開始年齢になります。こういった高齢者を支えるのは若い現役世代です。団塊ジュニアのジュニア世代は?第三次ベビーブームは起きていませんね。現役世代はどんどん負担が増して自身が高齢になったときはどうされますか?

自助、共助、公助

・まずは自分で備えましょう。

・不足する場合は親子兄弟など身内で助け合いましょう

・それでも足りないときは国の助けを受けましょう(生活保護など)

~と市川さんはおしゃっていましたよ。

自分の身は自分で守る!まずはここから始めましょう~より良いご自身の将来のために。ファイナンシャルプランナーの私たちがお手伝いいたします(^^♪(よ)

関連記事

  1. 秋の観光シーズンにいいお天気つづき☀

  2. 医療保険って必要?

  3. サル痘

  4. 「すみません」→「ありがとう」

  5. 前橋市プレミアム付商品券

  6. 春の例大祭

  1. 2024.06.18

    野球部に花束を

  2. 家を建てるとき

    2024.06.09

    フラット35金利推移

  3. 2024.06.07

    はて?

  4. 2024.05.29

    人生100年時代「社会保障・年金・医療・介護セミナー」

  5. 2024.05.18

    富弘美術館

  1. セミナー活動

    2019.09.11

    お客様の声のご紹介02

  2. セミナー活動

    2019.06.05

    お客様の声のご紹介01

新・海外旅行保険off!

海外旅行保険

お金の小学校

初心者でもマスターできる全3回の通学制マネーセミナー(オクトコーポレーション開催)