フラット35の制度変更について

家を建てるとき

2019年10月1日以降の借り入れ申し込み分から制度変更がございます。

<変更点>

1.地域活性化型の対象事業を拡充します。地域活性化について積極的な取り組みを行う地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などとセットで借入金利を一定期間引き下げる制度です.

群馬県内で連携する地方公共団体   前橋市・富岡市・中之条町

2.建設・購入価額の上限1億円の制限がなくなります。 融資限度額は現行の8,000万円から変更はありません。

3.融資率9割超の金利を引き下げます。 融資率が9割以下である場合の金利に年0.44%上乗せしていましたが、今後、上乗せする金利を0.26%に引き下げました。

4.フラット50の融資率の上限などを引き上げます。

①融資率の上限について、6割から9割に引き上げます。

②融資限度額について、6,000万円から8,000万円に引き上げます。(い)

関連記事

  1. フラット35の制度変更について

  2. 子供のミニバス ケガが心配! 

  3. ロングステイのススメ

  4. お金の小学校

    金融リテラシーの向上を目指して

  5. ライフプランの作成、相談

    住宅ローン減税の適用要件が弾力化されます。

  6. 子育ての秋

  1. ライフプランの作成、相談

    2020.05.25

    住宅ローン減税の適用要件が弾力化されます。

  2. 2020.05.19

    緊急事態宣言 解除をうけて

  3. 2020.05.18

    コロナ禍

  4. 2020.05.10

    出番がきました

  5. 資産運用

    2020.04.28

    iDeCo 制度改正

  1. セミナー活動

    2019.09.11

    お客様の声のご紹介02

  2. セミナー活動

    2019.06.05

    お客様の声のご紹介01

新・海外旅行保険off!

海外旅行保険